フォトリーディングを上達させる秘訣

フォトリーディングを上達させる秘訣

フォトリーディングを上達させる秘訣は、あなたの役に立つように使う、ということです。とてもシンプルなこと。 ただ、それを使えばいいのです。
単調なドリルをひたすら機械的に繰り返す速読法の練習とは違って、フォトリーディングでは、楽しく、目的を持って文書と関わることを勧めています。
そうすることで、技術はより早く継続的に向上していきます。
「苦労なくして報いなし」という言葉は、こと脳の働きに関してはナンセンスです。

自分を痛めつけても、フォトリーディングの腕は上がりません。すべての文書にフォトリーディング・ホール・マインド・システムを活用することが、上達のための最善の方法なのです。
また自己啓発や能力開発のために本を読む際に、このシステムを応用すると、その価値は特に豊かなものとなります。フォトリーディングのスキルを高めることで、生活全体の質が向上するという事実を、ぜひ、あなた自身で確かめてください。

目と脳を直結させる

非常に速いスピードで読むことができる人は、文字のかたまりをイメージとして読んでいます。つまり、目から脳への直接的な情報伝達によってリーディングを行なっているのです。彼らは、意味を理解するために、ページ上の文字を頭の中でいったん音声に置き換える、ということを必要としません。言葉の音声化は、文字情報の理解に必ず必要な要素ではないということが、研究の結果わかっています。
文書を読む際は、情報の伝達を、目だけに頼るようにしましょう。
私たちの多くは、長い間、文書を処理する際、相反する二つの情報に頼る習慣を築いてきました。書かれていることを理解するのに、視覚からの情報と聴覚からの情報の両方を利用しているのです。
おそらくあなたの脳は、一晩ではその習慣を断ち切ることはできないでしょう。新しい習慣を身につけていくためには、まず読書の際にリラックスすることが大切です。一、二回読んだだけできちんと理解しようと、がんばらないことです。そして、フォトリーディング・ホール・マインド・システムのステップをひとつでも実行したら、その都度、自分を褒めてあげましょう。

視覚を鍛える

機能的視覚訓練、あるいは知覚訓練としても知られる「ビジョン・セラピー」は、読書スキルを向上させる手段のひとつとなるでしょう。このトレーニングは、文字情報の処理する目と脳の能力を鍛える効果があります。

私の受けた視覚訓練では、視線を一点に集中させたり分散させたりする訓練、焦点を遠くから近くへ移動させる訓練、動いている物体を目でなめらかに追う訓練、近過去の視覚記憶の容量を拡大する訓練、辺縁視力を向上させる訓練などを行ないました。これらの能力を鍛えることは、視覚システムをより強固でバランスの取れたものにします。
その効果は、目を使うさまざまな作業に現われ、特に読書においては、絶大なものでした。

視界辺域への注意を高める

視界辺域への注意を高める方法は、視野の中の焦点から外れたものに対して注意を向けることです。ふだん意識上の認識から漏れている情報を取り込むことが目的です。これにより、視野の九九%を占めるその部分からの情報も、驚くほど効果的に確保することができるようになります。
瞳孔の拡大は、辺縁視力を向上させます。これは光の量が減少したり、ちょうどフォトフォーカスの状態のように視線を分散させると、自動的に起こります。この現象を得やすくするために、フォトリーディングをするときは、暖色系のやや弱めの照明を使うことをお勧めします。
 フォトリーディングは、そのしくみそのものが私たちの視野を広げるようにできています。フォトリーディングの練習を積んでいくと、目の前にあるものがよりたくさん見えてきます。たとえば、一つの単語やフレーズだけでなく、本の端の方までが、しっかり目に入ってくるのです。
 視界辺域への注意力の向上が生み出す効果は、ほかにもあります。辺縁視力が上がると、視覚上の手がかりに対する反応が鋭くなります。結果として、多くのメリットが生じます。たとえば……より注意深く運転ができるようになる。ラケットボールやテニスなどのスポーツが上達する。カードゲームに強くなる。合唱がうまくなる。騒々しいオフィスでより機能的に仕事ができるようになる。店でものを見つけるのがはやくなる。タイプのスピードが上がる等々・・・。その効果は、枚挙にいとまがありません。

視界辺域への注意を高めるための簡単な方法

  • 運転中、前方の道路を見ながら、道路脇にあるものや、サイドミラーに映るものにも注意を払う。また、看板に書いてあることを、それを直接見ずに読んでみる。
  • 「フォトフォーカス」で歩く。地平線上の一点を見つめ、周囲の世界を大きなパノラマでとらえる。
  • 人と会話しているとき、その人の顔だけを見つめながら、どんな洋服やアクセサリーを身につけているかをチェックする。
  • フォトリーディングをしているとき、ページの端や段落間の余白に注意を向ける。
  • 武道を学ぶ。太極拳や合気道などが理想的である。
  • 禅や瞑想に関する本をフォトリーディングする。リラックスした状態で、知覚する能力を向上させるために最適な書物である。

自己啓発、能力開発、または瞑想について書かれた本をフォトリーディングしてみましょう。そして、数日間、意図的なアクティベーションは行わず、何が起こるかを見ていてください。すると、自分のスキルがいつの間にか向上しているのに気づき、あなたは自分の脳の威力に驚嘆することでしょう。こうした魔法のような出来事は、生活の質が上がるにつれて、より身近な体験となっていきます。
そのしくみについて詳しく知りたい方は、第一三章「ダイレクト・ラーニングで自分の偉大な才能を発見しよう」を読んでください。

リラックスした集中状態に入る

能力開発や学習をするときに、「意識」に頼ろうとした場合、その効率は最大限、発揮できないことが、長年の研究で明らかにされています。「意識」は、外に向かって五感を使います。脳をフル活用するためには、外へ向かう意識の働きかけを、無意識レベルでの直観的な理解に切り替えることが必要です。これは自転車に乗るときに、乗る方法を意識する限り、ギクシャクするのと同様です。スポーツの記録、学習効率、そして自分の能力をアップしようと思えば、どうしても無意識のレベルの、脳の能力を活用していく必要があるのです。

人間の脳が電磁波を発していることは、ご存じでしょう。電気エネルギーの波は、脳波計(EEG)によってヘルツ(Hz)やサイクル毎秒(cps)という単位で計ることができます。脳波は通常、一~三〇強cpsという範囲で出ています。脳がさまざまな活動を行なっていると、周波数のレンジはこれよりせまくなります。

F・ノア・ゴードン博士は、著書『Magical Classroom』の中で、通常より小さい周波数レンジを、テレビやラジオのチャンネルになぞらえて、「脳のチャンネル」と表現しました。各周波数レンジによって、入手できる情報も異なります。テレビのチャンネルを変えるように、脳のチャンネルを切り替えれば、脳の本来の能力をより適確に引き出すことができるのです。
以下の四つのチャンネルは、私たちがいつでもアクセスできる、四つの主要な脳の状態です。

チャンネル1
活動チャンネル(一六~三〇cps)――外に向かった活動、批判的思考、ストレスの生成などが行われる状態

チャンネル2
リラクセーション・チャンネル(一二~一五cps)――ストレスから解放され、心身ともに覚醒した状態へ向かうための入口

チャンネル3
学習チャンネル(八~一二cps)――意識下において、リラックスした無理のないプロセスで学習が行われる、理想的な学習態勢

チャンネル4
創造性・パターン形成チャンネル(五~七cps)――夢想、直観、独創性、天才など、もっとも高い資質・能力が発揮される状態

私は、多くのフォトリーダーを対象に、脳波の測定を行なってきました。その結果、人がフォトフォーカスの状態に入り、フォトリーディングを始めると、ある特殊な周波数レンジが現われることがわかりました。この特徴的な「脳のサイン」は、フォトフォーカスに入るのとほぼ同時に現われるため、フォトリーディングのための理想的な脳の状態は、肉体的なリラックス状態以上に、目の状態とのかかわりが深いのではないかと推察されます。しかし同時に、リラックスした集中状態を維持できる人はフォトリーディングの上達が早いというのも、また事実です。

高速学習モード

高速学習モードにあるとき、あなたは自分の考え方や感じ方を自在に変えることができます。そしてそれは一方で、自律神経系、脈拍、瞳孔の拡大、発汗作用、アドレナリンの分泌など、あなたの生理機能に影響を与えます。以上の機能はすべて、無意識レベルでコントロールされています。つまり、気持ちを穏やかなものにすれば、その影響は直接、身体に現われるということです。
つまり、肉体的にリラックスし、精神的には集中している状態にあるとき、あなたは自分の思考や感覚を最大限自由にコントロールできるのです。

学習とは、考え方や感じ方を変えていくプロセスですから、この高速学習モードにあるときこそ、もっとも効率良く学習が行なわれるということです。
以下は、リラックスした集中状態に入るテクニックを磨く方法です。

  • 毎日の食事と運動に簡単なルールを設けましょう。栄養の行き届いた強靭な肉体と脳は、健康でバランスの取れた精神をもたらします。低脂肪、低糖分の食事を心がけましょう。またフォトリーディングの際は、水をたくさん飲みましょう。水は血液が脳に酸素を運ぶ作業を促進します。
  • ときどき、大きく息を吸って、ゆっくりと吐き出す、深呼吸をしましょう。全身がリラックスし、気持ちが穏やかになるのを感じてください。
  • 自己実現、能力開発、瞑想などに関した本をフォトリーディングしましょう。そのつどアクティベーションをしなくても、本の教えはいずれ生活の中に生きてきます。
  • 瞑想をしてみましょう。瞑想にはヨガや禅など、さまざまな種類があります。世界の各地で多くの著名な指導者やセンターが瞑想のコースを提供しています。
  • 呼吸法を用いて集中力を高める中国の「気功」を試してみましょう。

目標を設定して、自分を深くコミットさせる

意義のある結果を出すためには、明確な目標の設定が不可欠です。脳は、常に目標の達成を目指す器官であり、そのために、目指すべき具体的なターゲットを必要とします。フォトリーディングの効果を最大限引き出すために、読書をするときは、必ず明確な目標を設定しましょう。
 それでは、目標を設定し、結果を出すためのアドバイスをご紹介します。

毎日の日課にフォトリーディング・ホール・マインド・システムの活用を組み込む。

 スキルは、使うことで完成されるものです。わざわざ練習をする必要はありません。何かを読むときは、いつもこのシステムを使うようにすればいいのです。「練習」という言葉には、特別に時間を設けて、やらなければならないことをやる、という響きがあります。そうしたプレッシャーを自らにかけることなく、ただ、日常で優先的に読まなければならないものを、ホール・マインド・システムで読めばいいのです。

具体的な目標を立て、「フォトリーディング仲間」にその成果を見てもらう。

 読書の目標は、実現可能な目標であるべきです。果たさなければならない目標ではなく、自分が本当に欲している結果を目標とするのです。あなたの能力を伸ばす目標であると同時に、自分の力で達成できる目標でもあることが大切です。

結果が思いどおりのものでなくても、自分を責めないこと。

 いろいろな方法を試してみましょう。同じやり方を繰り返していては、同じ結果しか得られません。古い習慣を断ち切って、異なる方法を試してみることです。そして常に、自分の能力を信じましょう。

進歩を実感する。

 目標に向かって進む中で、進歩したことを示すサインを見逃さないようにしましょう。完璧な成功か、まったくの失敗かしか認めない完全主義的な姿勢は捨てることです。どんなに小さな一歩でも、目標に向かって踏み出されたステップは、成功への歩みとして評価してあげましょう。

気を苦を引き出すテクニック

「のどまで出かかっているのに…」
このような状態は、知っているのに、意識上で言葉にできないという現象の一例です。

名前を思い出そうとするときに、これを経験する人は多いようです。意識下から意識上へ情報を引き出してくるもっともよい方法は、自分に思い出すための時間を与えてあげることです。たとえば、こんなふうに自分に言い聞かせます。
「その人の名前はわかっている。いまちょうど、出てきた」
そしていったんそれについて考えるのをやめ、名前が自発的に意識上に引き出されてくるのを待つのです。

こんな考え方があります。
「目標を実現させたいのなら、じたばたしないで、自然に実現するのを見守ることだ」
これは、自分自身に対するもっともポジティブな姿勢といえるでしょう。必要なときはいつでも頼りになるという、自分の脳の能力に対する絶対的な信頼感が表われています。この脳への信頼は、ホール・マインド・システムを有効に活用するための重要な鍵となります。

夢で遊ぶ

脳は、無意識レベルで得た情報を処理する際に、「夢」を利用します。夢に注意を払うことは、フォトリーディングした文書のアクティベーションに役立ちます。夢を思い出すということは、意識と無意識の間に橋をかけるということです。それによって、意識は脳の巨大な「データバンク」へアクセスしやすくなるのです。

自分の夢をのぞいてみましょう。まずは、目覚めたときに、見ていた夢を思い出すことから始めます。そうしているうちに、夢のなかで、自分は夢を見ているんだ、と意識できるようになるかもしれません。このような夢を「明晰夢」といいます。夢を細部まではっきりと覚えている場合、あなたは明晰夢を見る傾向が高いといえます。

夢は、思い出そうとすれば、だいたい思い出すことができます。多くの場合、思い出そうとする意志さえあれば、寝る直前にその意志を、もう一度確認するだけで十分です。
その意志をさらに強固なものにするために、ベッドの横にペンと紙を置いておき、目が覚めるたびに、見ていた夢のマインド・マップをつくりましょう。これで、より多くの夢を覚えておくことができます。

夢を覚えておくもう一つのコツは、目覚めるたびに、自分に「いまどんな夢をみていたか?」と問いかけることです。目覚めたら最初に、この質問をするのです。そうしないと、おそらく夢のほとんどを忘れてしまうでしょう。

夢を思い出すときには、焦りは禁物です。
朝、目が覚めたとき、すぐに動いたり、別のことを考えたりしてはいけません。じっとしていれば、夢の断片がよみがえってきます。横になったまま、どんなことを考えているのか、自分の頭の中を探ってみます。すると夢の手がかりが見つかり、しばしば夢全体を思い出すことができます。最初は何も思い出せなくても、あきらめずに続けてみてください。

関連記事

  1. フォトリーディングの期待できる効果

    フォトリーディングの期待できる効果

  2. フォトリーディングの方法

    どうすればフォトリーディングができるのか?

  3. 速読(フォトリーディング)の2つのやり方

    フォトリーディングを学ぶ2つの方法

  4. 一体、なぜ読書スピードが格段にアップするのか?

  5. フォトリーディング 受講生の声