フォトリーディングの期待できる効果

フォトリーディングの期待できる効果

フォトリーディング・ホール・マインド・システムを学んだ瞬間から、期待できる効果は、次のとおりです。

  • どんな本でも、3~5分で、その要約を把握することができる。
  • 多くの本から、10~15分以内に、その中心的なアイディアを抽出することができる。
  • 通常の読書に比較して、3分の1から、10分の1の時間で、読書を完了することができる。
  • 新聞・雑誌等の記事でも、30秒~60秒で、内容を把握することができる。
  • 電子メールを早く処理できるようになる。
  • 短時間で読んだ本でも、自信をもって、その内容について語れるようになれる。

「胡散くさいなぁ。本当に、こんなことができるのか?」と、あなたもお感じになると思います。私自身、胡散くさいなぁ、と思っていました。ですから、フォトリーディングについても、存在は知っていたのですが、何年もの間、受講しなかったわけです。しかし、それは大きな間違いでした。

 実際、調べてみると、フォトリーディングは、大変、信憑性の高い教育法であることが分かりました。アメリカにおいては、学校として認定されるのは、並大抵のことではありませんが、フォトリーディングを研修する米国ラーニングストラテジーズ社は、ミネソタ州の正式な教育機関として政府より認定されています。
さらにフォトリーディングは、歴史と実績でも群を抜いています。既に20年間、実践され、その受講生は、全世界で20万人を超えています。

さらに、日本でもベストセラーになった、「1分間マネジャー」共著者、ケン・ブランチャード博士、そして、「頭脳の果 て~アインシュタイン・ファクター」(きこ書房)のウィン・ウェンガー博士も、次のようにコメントしています。

「人間の読書スキルの開発という観点から見ると、フォトリーディングは、極めて自然な進化プロセスであるだろう。」
ウィン・ウェンガー博士

なぜフォトリーディングは、不可欠なスキルなのか?

 フォトリーディングは、年齢に関わらず、誰でも学べる方法です。繰り返しますが、既に開発されて20年、全世界で20万人以上が学んでいます。ところが、日本においては、いままで誰もこの方法を教える人がいませんでした。この情報処理テクニックを知らず、いつまでも情報鎖国でいることは、アメリカをはじめ世界各国から、日本がますます引き離されるということを意味します。これは致命的です。そこで、「日本でもフォトリーディングを普及していかなくては」という義務感が湧き起こったのです。私は、フォトリーディングの認定講師となるために、厳しいトレーニングを受け、日本人初のインストラクターとして認定されました。

私が使命感をもって取り組んでいるのは、指導者層(経営者等、社会の変革を担いリーダーとなって活躍する人、およびその候補者)の情報処理スピードの加速化です。そこで、トップ1%のための、フォトリーディング集中講座を定期的に開催することに致しました。

関連記事

  1. フォトリーディングの方法

    どうすればフォトリーディングができるのか?

  2. フォトリーディングを上達させる秘訣

    フォトリーディングを上達させる秘訣

  3. 速読(フォトリーディング)の2つのやり方

    フォトリーディングを学ぶ2つの方法

  4. 一体、なぜ読書スピードが格段にアップするのか?

  5. フォトリーディング 受講生の声