どうすればフォトリーディングができるのか?

フォトリーディングの方法

実は、フォトリーディングという作業は、全脳を使って読書を行うフォトリーディング・ホール・マインド・システムの1ステップなのです。この読書システムは、「確かにいいけど、日常では使えない」という通 常の速読法と異なり、日常でも無理なく使い続けられるように設計されたシステムで、次の5つのステップを踏みます。

フォトリーディング│ステップ1

はじめのステップは、読書に対する明確な目的をもち、読書に最適な状態に入る「準備」をします。学校では、とにかく目の前にある文字を読み始めることを教えられました。しかし、読書を効率的に行うには、読み始める前に、読書の目的を明確にする必要があります。そして画期的なミカン集中法を使うことにより、読書に集中できる状態に入ることができるようになります。

フォトリーディング│ステップ2

第2のステップは、「プレビュー」です。この作業により、これから吸収していく情報を、整理し、分かりやすく格納していくことができるようになります。

フォトリーディング│ステップ3

第3のステップは、「フォトリーディング」です。一頁一秒の速度で、ページをめくっていきます。左脳を使わないようにして、情報処理スピードの早い右脳で、情報を吸収していきます。フォトリーディングは、スピード学習モード(Accelerative Learning State)に入ることで可能になります。

フォトリーディング│ステップ4

第4のステップは、右脳に蓄積された情報を、日常で使えるようにする作業です。「アクティベーション」というテクニックを使って、顕在意識上に、フォトリーディングで吸収した情報を引き出していきます。

フォトリーディング│ステップ5

最後のステップは、高速リーディングです。これは通 常の読書に近い読書法です。しかし、いままでの4つのステップと組み合わせることにより、読書に対する柔軟性が生まれ、理解力も確かなものになっていきます。

関連記事

  1. フォトリーディングを上達させる秘訣

    フォトリーディングを上達させる秘訣

  2. フォトリーディング 受講生の声

  3. 一体、なぜ読書スピードが格段にアップするのか?

  4. 速読(フォトリーディング)の2つのやり方

    フォトリーディングを学ぶ2つの方法

  5. フォトリーディングの期待できる効果

    フォトリーディングの期待できる効果