一体、なぜ読書スピードが格段にアップするのか?

繰り返しますが、速読とは違います。フォトリーディングは、大脳生理学、認知心理学、神経言語プログラミング、そして加速学習(アクセレラティブ・ラーニング)の最先端の知識をベースに開発された、情報処理のスピードを高める技術です。

人間の脳が、4%しか使われていないことは、ご存知だと思います。しかし、残り96%をどのように使えばいいのかについては、誰も教えてくれませんでした。
左脳は言語を、右脳は図や絵を処理します。このように役割分担があります。左脳は、7±2バイトの情報しか処理できません。これは電話番号が8桁以上になると覚えにくくなることからも分かります。しかし、右脳は、イメージを処理する脳ですから、写 真のように何百万バイトもの情報を撮り込むことができます。フォトリーディングは、左脳と右脳の役割の違いを踏まえ、全脳をバランスよく活用します。その結果 、大変なスピードで、文書が処理できるようになるのです。

 次のグラフは、「天才(Genius)」と題された米国のテレビ番組(United and Documentary Television制作)で放映した際に使われたデータです。フォトリーディングを行う学生の脳波を記録したものです。背の高い波がある部分は、通 常の読書の状態です。その波のパターンが、フォトリーディングを始めたとたんに、背が低い波になります。「心のなかでのムダ話」が中断され、集中力が高まったことが分かります。

関連記事

  1. フォトリーディングの方法

    どうすればフォトリーディングができるのか?

  2. フォトリーディング 受講生の声

  3. フォトリーディングを上達させる秘訣

    フォトリーディングを上達させる秘訣

  4. 速読(フォトリーディング)の2つのやり方

    フォトリーディングを学ぶ2つの方法

  5. フォトリーディングの期待できる効果

    フォトリーディングの期待できる効果